【お知らせ】新型コロナウイルス感染防止のための取り組みについて

活動紹介

…という今日のプログラム、メンバーさんたちと一部のスタッフはスイーツを買ってくると思っていたようですが、実は自分たちの手で作って食べよう!
という企画でした。

秋のスイーツの素材と言えば美味しいものが色々ありますが、今回は栗入り酒蒸しまんじゅうに挑戦です。

先日スタッフが新聞の栗スイーツ特集で見かけた、藤沢の酒蒸しまんじゅうに負けない味を目指します!午後から日曜にかけて台風接近中で、参加人数が心配でしたが、6名の方が参加してくれました。

まずは生地づくりから。酒粕を酒で溶いて砂糖を混ぜ、薄力粉と膨張剤のイスパタをふるったものと混ぜます。「酒粕と酒の香りで酔いそうかも」「耳たぶくらいの柔らかさってこれでいいのかな?」などなど言いつつ進めます。

続いて成型。手作りの渋皮栗をあんこで包み、更にまんじゅう生地でくるみます。おまんじゅう作り初心者のスタッフも加わって、途中であちこちから「あーっ!」「くっついた!」「打粉付けすぎ!」と楽しそうな声が上がっています。ご自分のくるんだものがわかるように敷紙に食紅で名前を書いてもらい、12 分蒸すと…

このようにできあがりました!見事ふくらんでいます!

ふんわりとお酒の香りがするほかほかの生地をかじると、粒あんと栗が出てきて、いろいろな味が楽しめます。

あちこちから「おいしい!」という声が聞こえてきて、準備したスタッフも嬉しくなりました。
材料を多めに準備してあったので、栗を使い切るまで作って、他の部屋にもおすそ分け。

冷たい雨が降る日でしたが、ほっこり温まる秋らしいプログラムになりました。

 

error: Content is protected !!