【お知らせ】新型コロナウイルス感染防止のための取り組みについて

活動紹介

10月23日(金)のプログラムは「カプラで造形に挑戦」でした。

カプラとはオランダ語で「小人の板」という意味で板を重ねるだけでどんな形も作れ、色々な遊び方ができると、子どもから高齢者まで年齢問わず誰でも楽しめます。

今回は初めてということもあり、まず個人で自由にカプラに触れてみました。
その後でチームに分かれ、同じ数のカプラを使ってどれだけ高く積み上げられるか挑戦してみました。
結果、高く積み上げられたチームは99㎝!!すごい!!
「そんな積み方もいいね」「崩れないようにしないと!」など声を掛け合いながら、自然と盛り上がりました(*^_^*)

個人的には初めて触ったカプラ、木の香りに癒やされました(^^)
そして崩すときが気持ちいい(・ω・)
ぜひカプラの数も増やしてまたやってみたいです。

 

 

error: Content is protected !!