【お知らせ】新型コロナウイルス感染防止のための取り組みについて

活動紹介

本日はお天気も気温もよく過ごしやすい一日でしたね。

そんな今日はスクイーズを作ってみました!

スクイーズはご存じでしょうか?

低反発の粘土のようなもので、握ると簡単に形が変形し、手を離すと元の形状に戻るところが特徴です。

材料は紙粘土、風船、片栗粉、小麦粉、水を使って三種類作り、それぞれの触り心地を比べてみました。

【紙粘土】紙粘土を風船の中に手のひらサイズの大きさになるまで入れて作ります。柔らかくて反発力が少しある感触でした。

【片栗粉】水溶き片栗粉を風船の中に入れて作ります。水風船のような感触でした。

【小麦粉】風船の中に小麦粉を入れて作ります。とても柔らかく気持ちよくて好評でした!

自宅でも簡単に作れるもので、握り続けていると感情が段々と落ち着いてくる気分になる気がしました。

作る工程の中で、細かい作業が苦手な人も試行錯誤しながら効率のいいやり方を共有し合ったり、触り心地の違いを実感していました。

是非、皆さんも作ってみてはいかがでしょうか!

 

error: Content is protected !!